□ こばんざめ □

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア旅行記E

<<   作成日時 : 2006/10/12 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メルボルンを出て、空路にてシドニーへ。

考えてみたら、この旅行、1週間ちょいで日本列島横断旅と一緒だな。。。
道理で疲れるはずだわ。。。。。。

シドニーへ到着。
なーんだ、メルボルンと首都争いしてたって割には、
自然というか緑の景色もあって、メルボルンより落ち着く。

シドニーでは、興味は無いけど、一応、オペラハウスを見学。
中のホール(オペラのほう)は思ったより狭くて、
音響のために木でできてるという椅子や床なども別段、感動を覚えるほどのものでもなく。。。
ま、こんなもんでしょ、といった感じ。
(疲れてきてるので、かなり辛めな視線)
土台、壁など建築図面がちゃんとできていなかったために、
(デザイン上、あれだけ大きな重たい屋根部分を作ることにしたので、
1度作った土台では屋根を支えることができず)
作り直しを余儀なくされた、というエピは、
正直、「いい加減な建築するから悪いんじゃん。。。」
としか思えなかった。。。。

ちなみに。
この日の宿泊先は、パークハイアットシドニー。
シドニーの景観保護のために、高層建築が許されていない地区で、
(オペラハウスのあるところの沿岸)
建物全体が横長。フロントから部屋まで、ひたすら奥に向かうのだ。
部屋は、まあ、こんなもの?という広さ。
んー、12畳くらい?
ベッドを置いてある分、狭く感じたけど。
オランダよりも少しは広いのかなあ、でも、やっぱり狭い。
オージーは体が大きいのに、こんな部屋が狭くて納得がいくんだろーか。

そして、この日も、夜は和食やに。
パークハイアットからも歩いていけるほどの、「四季」
(→ http://www.shiki.citysearch.com.au
ここが、今回の旅行の中で、一番まともな和食だったかな。。。
タスマニア産のうに、(やっぱり)揚げだし豆腐、生牡蠣、牡蠣フライなどなど。
ちゃんとおいしく頂きました。
(でもまあ、ここでも横に赤の国の集団が来てうるさくて、
心置きなく食事をすることはできなかったんだけれど。)
ちなみに、ここで、オーストラリアで月1(シドニーでは週1)発行される、
「NICHIGO PRESS」をゲット。
自民党総裁選から、梨本さんのレポートまで、
かなり日本のワイドショーなみに記事が作られています。
ほかにも、海外で活躍する日本人の特集や、
日本食品専門店の広告や、日本への航空券の広告などなど、
情報たっぷりです。
こういうのがフリーペーパーで作られているのは、ありがたいことでしょうね、
在豪日本人にしてみたら。
シドニーでのガイドの女性も言ってました。
「今は、かなり日本人が暮らしやすくなってきてると思います。」
って。

日本の次に長寿国で、日本と同じように、少子化高齢化のオーストラリア、
日本と違うのは、移民の受け入れを進めているところ。
でも、やはり、赤の国の人間がはびこり、大きな都市でさえ、
経済の根本から牛耳られている現実。
どうなっていくのかな。

いつかまた、次は娘と二人でいけたらいいな。
娘が英語をマスターしたころ、行きたいな(笑


そうそう、忘れてならない、帰りの話。
帰国の時。
日本からのメールで、
「日本は台風直撃」
だなんて聞いてたのよ。
でも、まさか、私に関係ない、と思い込んでたの。
忘れてた、私、どうやって帰るかを。
空路じゃん。。。
天候悪かったら、飛行機飛ばないんじゃん。。。

案の定、成田へ帰るはずの便は、
成田からオーストラリアに飛んできておらず、
帰れず!
仕方なく、関空への定期便に慌てて変更!
が!
すでに、ビジネスクラスは残り、「オンリーワン!」とのこと。
我が家の家族の人数は、3名。。。
仕方なく、私の父がビジネスに。
私と娘は生まれて始めてのエコノミーに!
9時間も我慢できるのか、こんなに狭いところで。。。。(涙

生まれて初めてエコノミーに乗って、わかったこと。。。
(エコノミーの中でも、一番前の一番広い場所ではあったんだけど)
二度とすわらん。

隣の人にごめんなさいしてトイレに行くなんて、ごめんだー!
サービスもぜんぜんビジネスと違うし、
客室乗務員にありえないこと言われたし。
娘の食べた膳を片付けて欲しい、と膳を持って客室乗務員に手渡そうとしたら、
「ちょっとお待ちください。」
といわれ、挙句にとりにこなかった。
んもー、ありえん。

という話を父にしたら、
得意げに、
「俺が今までお前たちにそういう思いをさせたことがなかっただろう。
俺のありがたみがやっとわかったか!」
と言ってました(笑
ハイハイ、おっしゃるとおりでございます。

そして。成田に降り立つつもりが、関空に降り立ったわけで。
仕方なく、帰国後は、大阪に一泊。
ヒルトンのスイートに。
部屋はまあ、広くて(でも、ベッドが小さくて、んー?な感じ)。
何が文句の付け所って。。。。
朝のご飯。
和朝食を落ち着いて食べる店が無いこと。
和朝食を落ち着いて食べたかったら、朝方3時までにルームサービスを頼んどけ、ってさ。
なんじゃそりゃ。
ルームサービスを頼んでなかった私たちは、
仕方なく、朝食ビュッフェへ。
がーん。
騒がしい。。。。
ヒルトンの朝ごはんは、宿泊客以外にも提供してるらしい。
朝から、宿泊客じゃないおばちゃん軍団、子供づれなどでごった返す。
信じられないうるささ。。。。

んもう、早く帰りたい、と心から思った。
ので、ダッシュ(きっと新幹線がダッシュしてくれた)で帰宅。

やっぱり、愛してるよ、日本!自分ち!
当分、ごめんだ、旅行は。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オーストラリア旅行記E □ こばんざめ □/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる